Extra級単語帳 作成

私の勉強方法は、

1)英語問題の日本語訳と英文を読み比べつつ、なんとなく問題の日本語訳がうかんでくる。
ほとんどの問題は、全部の日本語訳がわかるのではなく、これは、スキャッターの問題だなとかいう程度です。
2)その日本語に対応した選択肢の英語が浮かぶ。その英単語は簡単な、もともと知っている単語や英語のまま無線用語になっているものが多いです。
3)それがある選択肢が正解になる。

私の英語力が低いため、日本語訳付きの問題を読んでいても、問題に知っている単語が全くない場合や、英単語がどの日本語と対応するかわからないことがあります。

これでは、答えが浮かんできません。

テクニシャン、ジェネラルの試験では、全部で380問くらいだったので、わからない問題は、とにかく暗記、条件反射で問題がわからなくても、どれが答えかわかるようにしてきました。

こんな問題が10%くらいありましたが、Extraは803問もあり、こんな問題がゾロゾロでてきました。

これでは最後まで行けるのかちょっと不安になりました。

パソコンや自宅で勉強していればパソコンや電子辞書などで和訳しながらいけばいいのですが、私は通勤時に電車の中で勉強しているので、それができません。

そこで、extraの問題に出ている単語の一覧表をエディターとエクセルを駆使して作りました。それを1980円の翻訳ソフトで和訳して一覧表にしてみました。

本当はソフトを買わずにyahooなどの翻訳ですませたかったのですが、単語数が多すぎて、分割しながらでないと翻訳できず、手間がかかること、またそれを自分のHPにHTMLで保存したら、WEB翻訳で訳せたのですが、あまり思い通りの翻訳にならなかったので、ものは試しと思ってソフトを買ってみました。

後日、一覧表を掲載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です