my アメダス

会社で気象観測の話をしていて、家でもいつも見ているブログに気象観測装置の話が出ていたので、ネットで調べてみるといろいろな人がやっています。

そこでみんなが使っているWMR100Nという気象観測装置をアメリカのアマゾンに出展している会社から購入しました。

郵便で1週間くらいで到着し23000円くらいでした。

http://www.amazon.com/OregongenerScientific-OR-WMR100N/dp/B002N2JUVI/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=electronics&qid=1253246372&sr=8-3

日本では、代理店はなく、ほとんど売ってなく30000円くらいで売っているところもあるようです。

風速計(風速、方向)

温度計(温度、気圧)

雨量計(雨量)

がついていて、そこから無線で表示装置に送られてきます。

早速、組み立ててみると風速計はつながったのですが、温度計がうまくリンクできません。

温度計は10個までつなげられるので、チャンネルを変えたり、いろいろいじっているのですがうまくいきません。

ネットでいろいろ調べていると、電池ボックスがいまいちで接触が悪いという事例がでていたので、電池ボックスのプラスの極を少し曲げてやるとすぐ認識してくれました。

雨量計もリンクできず、同様に電池ボックスをいじっているうちに認識してくれました。

風速計をいじるとモニターの風向きが変わったり、風速の数字が動いたりして面白いです。

温度計も外に置くと室内との温度が両方切り替えで表示されます。

雨量計は、シーソーのようなものがついているので、それをいじっても反応しません。

今度外で水でもかけてやらないといけないでしょうか?

今朝、ベランダに仮に風速計、温度計、雨量計を置いてみたので、たくさんデータを集めてることでしょう。

取得したデータは、PCに取り込み、HPやAPRSにアップできるようなので、どんなもんか楽しみです。

f:id:chumac:20090922212715j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です