FOMAプラスエリア

私の携帯はスマートフォンではなく、メールとモバイルスイカをするくらいで、地図を見たり、電車の時間を調べたり、ゲームをしたりしないので、パケット定額は使っていません。

ここ2年ばかり、外でのネット環境はポケットWifiというものを使っています。これは携帯の電波をWifiに変換し、Wifiの機器 iPadやノートPCを接続しています。

ポケットWifiはフレッツ光のオプションで月300円でレンタル、接続回線は、bモバイルの300Kbps 30日 2980円のプランです。

携帯だと2年しばりで5000円くらいでしょうか。携帯の方がスピードも下り14Mbps 上り5Mbpsと桁違いに早いですが、動画など見なければ、値段相応で私にはあっています。

友人と先日あった際、彼がポケットWifiに興味を持ったようですが、彼はフレッツ光ではないのでレンタルできません。そこで買うとどの位なのかネットで調べてみました。

バッファロー DWG-PG 19,800円

http://www.amazon.co.jp/BUFFALO-ポータブルWiFiルーター-Portable-Wi-Fi-DWR-PG/dp/B003NSAMUO/ref=cm_cr_pr_product_top

日本通信BM-MF30 21,170円

http://www.amazon.co.jp/日本通信-bモバイル・WiFi-ルータ機能付-フリー端末-BM-MF30/dp/B003MZQRF2/ref=sr_1_4?s=computers&ie=UTF8&qid=1331389532&sr=1-4

Huawei E-5830 13,770円

http://www.amazon.co.jp/Huawei-E5830二代目3G-Display-Brand-密封される/dp/B003V0KBX2/ref=sr_1_7?s=computers&ie=UTF8&qid=1331389532&sr=1-7

Huaweiのルーターは色々な型番があり、8000円くらいで買えるものもあります。

どれもbモバイルのSIMがささります。

どのSIMがいいかは各人の使い方しだいでしょう。

日本通信(bモバイル)とHuaweiは、simフリーなのでdocomoやbモバイル以外のsim、たとえば海外でも現地のSIMが使えます。短期の旅行なら海外ローミングも最近安くなってきたのでいいかもしれませんが、使い方によっては現地のSIMのほうが安い場合もあります。

私はフレッツのレンタルのsimフリー版なので、昨年アメリカでAT&Tのsimを差して使いましたが、無事使えました。

レンタルもいいけど8,000円なら買ってもいいかなと思い、いろいろネットで検索しました。そしたらHuaweiのルーターはdocomoのFOMAプラスエリアに対応していないことがわかりました。

このプラスエリアというのは始めて聞いたのですが、通常FOMAは2GHzの電波でほぼ全国をカバーしているのですが、2GHzという非常に高い周波数の特性上山間部などこれではカバーしきれず、山間部に強い800MHzを使ったFOMAプラスエリアでカバーしているようです。

私は仕事の関係もあり山間部に行くことが多いのでプラスエリアがカバーされていないとHuaweiの購入には躊躇してしまいます。

プラスエリアの範囲はdocomoのホームページで確認できますが、これを見てはたと気がつきました。私の職場はプラスエリアの中です。

しかも私のdocomoの携帯はプラスエリアに対応していません。これで私の携帯が事務所内では不安定で、よく圏外になる理由がわかりました。

下記の地図の箇所は山の中のバスの終点にポツンとdocomoのアンテナが建っており、表示はプラスエリアになってますが、たぶん2GHzの機器も設置されているのか、私の携帯でも使えます。

オレンジがプラスエリア、ピンクがFOMAエリアです。

docomoの基地局にいくつかの種類のアンテナがついているかのはこのためかもしれませんね。今度どんな機器、アンテナがついているかよく見てこようと思います。

ポケットWifiを調べていて、FOMAプラスエリアに脱線してしまいましたが、自分の携帯の繋がらなかった謎が解明できてよかったです。

地図が横向だったら、ごめんなさい

iPadから送信

f:id:chumac:20120311000713p:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です