金環食まとめ

今日の金冠日食にあわせ、昨日から作戦を練りました。

天気予報があまりよくなく、東京は曇り、見えるのは北関東との予定でした。
本当は今日は休みを取りたかったところでしたが、所用で休めず、新幹線で北へ行って会社にギリギリで帰れる時刻表など調べていました。


5時に起き、空を見ると北側は晴れ、南は曇りでした。天気予報だと東京は雲間から見えるのではないかとテレビは予想していました。北に行くと金冠の時間も短く、形もきれいにはならなそうだし、東京はちょうど中心で5分くらいと長く見えるので、一生に1度の金環食だから、短時間でもいいから、きれいな金冠を見たいと思いました。新幹線の時間表は小山や大宮を調べていたのですが、駅近くに公園は無く、駅から離れると会社に間に合わなそうなので、舎人公園に行くことにしました。


外に出ると太陽周りに雲は無く、絶好の日食日和になっていました。舎人公園に着いたのは、7時ちょうどくらい、散歩している人は結構いました。また木陰にベンチがあり、日食を見ている人もいました。

空いてるベンチに陣取り、アウトドア雑誌の付録の日食グラスで太陽を見てみるともう3割くらい欠けた状態でした。金冠まで30分あるので、コンパクトデジカメをマクロ、フラッシュ無しにして日食グラス越しに撮ってみるとぼけているものの三日月に写りました。


まだ時間はありますが、見ていると欠けていくのが結構早く、30分までには金冠になってしまうのではないかというぐらいでした。
20分ごろから、急に雲がはりだしてきました。iPodでNHKのネット放送を聴くと八王子の観察会の中継をしていました。あちらも雲がでてきているようですが、見えているようです。

三日月までの減りぐあいは早かったですが、金冠が1/3くらいからはあまり進みません。雲で見えなくなってしまうのではないかと冷や冷やしました。


30分過ぎにきれいに金冠になり、ネットラジオから歓声が聞こえてきました。
数分の金冠ですが、なるべく目を放さずに日食めがねで見ていました。
八王子とは50kmくらい離れていますが、見ごろの時間などやはり時差があるようです。

そして、またコンパクトデジカメで撮影しましたが、三日月よりブレがひどいですね。 




その後、雲が張り出してきて、太陽は影に隠れ、金冠に見えなくなりました。くもがあと少し動いてきたら見えなかったかも知れません。ほんとうにいいタイミングでした。

雲の写真は、7:39です。この右側のもっと雲のある中に太陽はありました。


あらためて周りを見渡すと周りのベンチには結構人がたくさん日食を見ていました。

舎人ライナーはホームドアでガラス越しの公園の風景ですが、とても広い公園なので、今度は1周してみたいと思います。

会社は、余裕で間に合いました。

もう2度と金冠日食は見ることができないかもしれませんが、こんな身近な場所できれいに見ることができて本当によかったです。

(写真が順不同で見にくくてスミマセン) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です