アメリカでのSIMフリーiPhone5

12月初旬に日本から、アメリカのアップルストアにiPhone5のSIMフリー版を日本のクレジットカードで注文しました
現在、アメリカのアップルストアで購入できるのは、3種類あるiPhone5のうち、AT&Tなどがアメリカ国内で使用しているタイプのSIMフリーのもので、日本国内では、ドコモやドコモのMVOのSIMを挿せば、そのSIMに応じた通話や3Gでのデータ通信が一応使えるもので、LTEやFOMAプラスが使えないらしいです
日本国内が主で使うには、香港などで買えるSIMフリーの方が向いているようですが、私は、香港タイプは、日本国内からアップルから直接買いにくいし、転売業者から買うより10000円くらい安いし、アメリカにたまーに行くので、アメリカタイプにしてみました。
日本国内の保証は、あるとかないとかいろいろネットに書かれています。まぁ最近アップル製品で外れは引きたことないので、なんとかなるでしょう。
送付先はフロリダの友人宅に気付けにしました
中国の工場から10日ほどかかり到着しました
AT&TのSIMはヤフオクで落札し、到着後すぐ使えるように出展者にiPhone5で電話、データ通信ができる最小限の契約をしてもらいました。7000円ほどで、入手できるまでに2週間かかりました
ナノSIMというiPhone4より小さいもので、AmazonなどでナノSIMカッターがあれば、SIM代は1500円ほどです
ただiPhoneのAT&TのSIMを使えるようにするには、ちょっと面倒で、iPhone以外の端末がないとできないかもしれません。
私は他の端末ももっているのでできますが、iPhone自体をさわったことがなかったし、ナノSIMもみたこなかったので、頼んでしまいました。
いよいよ友人宅で未開封のiPhone5を受け取りました。
充電後iPhone5の電源を入れましたが、友人宅にはwifiがなく初期設定できませんでした。iTunesでできそうなので、ケーブルでPCとつなぎ、SIMを入れいろいろさわつていたら、なんとなく初期設定できました。設定している時は試行錯誤しながらやっているので、どうやったかわからなくなってダメですね
まだ、ネットにはつながっていないので、使えるのはカメラやメモ帳のみで、SIMを使ってネットにつなぐには、wifiでAPNというキャリアごとの初期設定をしなければなりません
マクドナルドにはwifiがあるかと思い、翌日のお昼に行ってみました。店にはどこにもwifiの文字は見当たりません。それでもiPhone5のwifiをオンにするとマクドナルドのフリーのwifiがあり使えました。
次に下記のサイトにアクセスし、画面下のCreate APNを押し、次の画面で、CountryはUSA、Carrierは、AT&T Cinguler 3Gを選び、その下の細長いCreate APNを押しました
そうしたら、appのインストール画面が出てきたので、インストールして、いったん電源を切り、SIMを出し入れして再起動。
左上に検索中の表示のあと、電波の強度とAT&T 4Gの表示がでました
wifiを停止し、WEBを見てみるとそこそこの速度で表示されました
AT&T Cinguler 3Gを選んでよかったのかどうかかわかりません。他にもいろいろなAT&Tの項目が、ありましたが、とりあえずつながったので、よかったことにしましょう
メールやiPhone用のサイトはすぐ表示されます。PC用のサイトはそれなりかな
地図も実用に耐えるスピードで表示されます。長距離バスに乗っている時、ナビもうまく使えました
スピードを一度測ってみたところ、最高で440kbps、平均220kbpsでした
私はYouTubeはほとんどみないので速度は十分です
プリペイドですので、通話やパケットの残数が気になりますが、SMSで簡単にみることができます。
iPhone5の端末代はおいておいて、ソフトバンクの海外パケットローミングが、25メガまで1980円、無制限で2980円ですので、おもいっきり使えば3日、少しなら4日で元が取れます
まぁ、いろいろ設定をいじくるのが好きだから、ネットで何時間も調べて、なんとかここまでいきました。
でもインターネットの時代でなんでも即時に調べられるなんて、すごい時代になりましたね

f:id:chumac:20130106184038p:image

f:id:chumac:20130106184040p:image

f:id:chumac:20130106184042p:image

f:id:chumac:20130106184047p:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です