フロリダDXバケーション

年末年始の休みにフロリダの友人宅を訪ねました
彼は引っ越してシャツクがないため、ガレージに持参したリグをセットし、表庭にロングワイヤーを張りました
典型的なアメリカの住宅地で道際には芝生と大き木々、裏には小さいながらプールもあります。
アメリカの住宅地は外観にこだわるようなので、あまり目立つアンテナは建てられません。他のローカルを訪ねたところ、タワーは10mくらいのものでした
そこで持参した基板の配線用の細い線を平屋の彼の家の軒くらいの高さに張りました。裏には適当な木がなく、表の木に脚立で届く範囲に釘を打ち固定しました。だいたい4mくらいの高さに15mくらいの長さになりました。そしてオートアンテナチューナーのAH4につなぎ、残り線で5mくらいアースをつなげました
7と14でチューンするとうまく落ちます。JAとQSOできそうな朝と夕方にガレージに入りました
W国内や中南米、ヨーロッパが聞こえました。残念ながら日本はなかなか聞こえません。
それでもVP2MがJAをさばくのが聞こえます。たまに聞こえる局もいますが、私の設備ではQSOできる強さではありません。ガツンと聞こえた局は、3の局で14の30mh6エレだそうで、Wのパイルをあびていました。私も何度か呼びましたが、かすりもしません。
同じバンドでCQ JAをしばらく出しましたが、ダメでした。
結果は、ハンガリー、キューバ、VP4M、W国内4局とプチDXバケになりました
Wの局にはSASEをW国内から送付済、DX局にはJAからSASEを送ります

f:id:chumac:20130106165039j:image

iPhoneから送信

フロリダDXバケーション」への1件のフィードバック

  1. oxh

    無事、帰国したかな?
    フロリダの運用は、前回同様ワイヤー系のANTでJAは難しいとしてもそこそこの成果はあったみたいだね。GDAのように着実にWで運用している様を、Wの免許を取得して1度もコールを使わない方に聞かせてやりたいね。(笑)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です