合格しました

ここ1月の勉強のかいもあり、エレメント1のモールスの試験、エレメント2のテクニシャンの試験に合格することができました。

試験は、1月27日にARRL VEC TOKYOが主催する試験を受けました。

試験は、ARRLに登録したVECの団体が行うものとW5YIに登録したVECの団体の行うものがあるようです。どちらで受けても、もちろん同じ資格です。

試験会場は、東京都北区の滝野川西区民センターの会議室で行われました。

事前にもらった試験の案内用紙によると13時に会場に入ってほしいとの記載があったので、ほぼその時間に会場に行ったところ、既にたくさんの人が机に座っていて満席で、VEの人が新たな机を出してもらい、会場の一番後ろに座りました。

全部で15、6人で2、3の机をのぞいて、ほとんど1人1つの机に座っています。
外人は、2人いました。

VEの人も15、6人いるようでした。

13時10分過ぎくらいから、受付がはじまりました。
事前に取ったパスポート、申請用紙と1700円の受験料を払いました。

その時、大きめの付箋を1枚もらい、そこに名前、住所(もちろんアメリカの)、FRNの番号を記入しておくようにと言われました。

そして、日本語と英語で試験の説明がありました。

今回の受験者で、エレメント1のモールスの試験を受けるのは私を含め、4人だけのようです。聞き取った分を記入する用紙が配られました。ここに先ほど付箋に控えておいた住所など書きました。

このころから、手のひらに汗がにじみ出てきました。
今まで、電信級で2回、2アマで2回、1アマで4回くらいモールスの試験を受けてきましたが、やっぱり緊張します。

最後に1アマのモールスの試験を受けたのはH18年4月ですから3年前です。
1アマの時は、みんなが一斉に聞き取った符号を書く音がすごく、圧倒されます。

拭いても、拭いても汗は止まりません。

そうしているうちに一番前の机の上にラジカセが置かれ、1分くらいの練習問題が流れました。
続けて、VVV VVVからはじまり、名前、QTH、RST、リグ、ANTなどの紹介の送信文が流れました。

60文字/分のスピードで各符号が流れますが、符号と符号の間(ま)が多めに取ってあり、本来普通なら1分間に60文字流れるはずですが、25文字しか流れません。

普段、CWでQSOしている人なら問題の無いスピードです。しかし、QTH、名前などは、繰り返さず1回しか打たないので、注意が必要です。

そのあと、送信文に対する質問事項が10問書かれた用紙が配られました。

相手のコールは?、名前は?、リグの製造会社は?などの問題に答えるだけです。
たぶん、全問正解できたでしょう。

時間制限のようなものは無く、できた順に手を挙げ、VEの人に回収していただき、採点してもらいます。

3人で順番に採点し、間違えのないようにしているようです。
採点後、「○○さん、エレメント1合格です」とみんなの前で大きな声で発表されます。
ちょっと、はずかしいです。

全員の採点がおわり、全員モールスは合格したようです。

つづけて、全員にそれぞれ受けるクラスの問題集、解答用紙が配られました。
ここでも解答用紙に住所、名前を書きました。

エレメント2のテクニシャンの問題は、当然といえば当然ですが、事前に勉強した350問の中からでているので、見たことのある問題ばかりです。

なんじゃこりゃという新問、既出問題の改造問題がでる1アマとは大違いです。
安心して、1問ずつ解答していくことができます。

マークシートは、
1 2 3 4
と並んでいて、2が正解と思えば
1 ● 3 4
と鉛筆で塗りつぶします。

問題は、再利用するらしく、メモなどの記入は厳禁です。
かわりにスクラッチペーパーと呼ばれるメモ用紙を1枚もらえました。

35問中26問で合格です。20問を過ぎたころから、これなら行けそうかもと思い出しました。QRZ.comの模擬試験と同様に350問の中にあるあまり難しい問題がでないという印象でした。たぶん、1、2問しか間違えなかったのではないでしょうか。

1問づつ確実にやったつもりなので、見直しもせず15分くらいで、手を挙げ採点してもらいました。

結果は、合格!!、これで免許がもらえることになりました。

次のジェネラル級はどうしますか?と聞かれ、勉強してないので次回挑戦しますと答えたのですが、せっかくだからと言われ、まだ時間も十分にあったので、試しに受けてみました。

でも、ジェネラルの問題には目も通していなかったので、5、6問しかわかる問題は無く、あえなく撃沈、26問で合格のところ半分の13問くらいしかできなかったようです。

でも、モールス、テクニシャンと合格したので満足です。
VEの人から、合格証明書(CSCE)の説明を受け、サインして、終わりです。

CSCEは、365日有効ですので、この間にジェネラル級を受けるときはエレメント2を受けなくてもいいようです。1年以降にジェネラルを受ける時は、テクニシャン級の資格は剥奪されることはないのですが、再びエレメント2を受けてからエレメント3のジェネラルを受ける必要があるそうです。

2週間後くらいに免許がフロリダの友人の所にくるそうです。
また、それ以前にFCCの検索でコールが出てくれば、免許の到着を待たずに運用できるそうです。

本当に合格して、うれしかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です